メインコンテンツにスキップ
メインコンテンツにスキップ

台大病院生殖医学

 台大病院生殖医学センターは、先進な医療技術で不妊診断治療を行い、人工授精、試験管ベビー、卵細胞質内精子注入法、無精子症治療、胚盤胞胚移植法、レーザー孵化補助術、卵子と胚の冷凍、卵子提供、着床前遺伝診断などの方法で、高妊娠率を達しています。また、我々は研究成果を国際的な学術雑誌に多く発表し、不妊に悩むご夫婦に子供が授かるように尽くしております。​

  1. 試験管ベビー

まず排卵誘発を行います。排卵を確認した後、膣を通して卵子を取ります。それから体外で受精させ、その胚を子宮に移植します。

  1. 卵細胞質内精子注入法(ICSI)

精子の数が少ない、活性低下、或いは奇形の割合が高すぎる方に対して、当科は精子の中心体を傷つけないまま精子尾部を切り取る技術で細胞膜を処理し、卵細胞内精子注入法により受精させることができます。

  1. 無精子症治療

非閉塞性無精子症か閉塞性無精子症の患者に対し、もし患者の精巣がまだ精子を産生できる場合、我々は精巣上体精子採集術或いは精巣内精子抽出術で精子を取り、精子注入法併用で治療を行います。しかも採集された精子は冷凍保存することができるので、あらためて精子を採集する必要がありません。

  1. 胚盤胞胚移植法

高品質培養液と培地を用いて、高確率で胚を胞胚期まで成長させることができ、良質な胞胚を選択することができるようになり、着床率・妊娠率の増加をもたらし、または胚を多く移植する必要がなくなり、多胎児も避けられます。

  1. レーザー孵化補助術

着床しにくい体質の患者には、顕微操作で胚を孵化させ、着床させます。

  1. 冷凍卵子・胞胚・卵巣組織

当センターは緩慢凍結方法とガラス化保存法に関して豊富な経験と知識を持ち、最善な冷凍技術で卵子・受精卵・分裂中の胞胚及び卵巣組織を保存します。当センターで行う冷凍卵子や胞胚はとても健康です。また、化学治療で卵巣機能を失い、或いは妊娠に向いていない方は、冷凍卵子によって卵子を保存することができます。冷凍卵巣という技術は患者が化学治療を受ける前に、予め未熟な卵子を取り出し冷凍し、後に使うことができます。

  1. 着床前診断(PGD)

​​PGDとは、胞胚を移植する前に遺伝性疾患の子供を出産する可能性の高い夫婦に、検査を行うことである。これにより、血友病、筋ジストロフィー、サラセミア、嚢胞性線維症、ダウン症候群、或いは染色体転座などによる人工妊娠中絶手術を避けることができます。この検査は、精密な実験室でなければ、順調に執行することができません。

 

治療対象

特に不妊治療を受けてもなかなか子供に恵まれなかった方は、当センターの技術で子授けの夢をかなえることができます。

 

医療チーム

当院は婦人科、泌尿器科、リハビリテーション科、遺伝医学科などの教授、医師たち、医療技術士、案内人の協力で、優れた人工生殖医療チームを成立しました。当チームは豊かな臨床経験と知識を備え、抜群な技術且つ高品質な胞胚培養室で、不妊に悩むご夫婦に最高な治療を行うことに尽力します。

 

医療成果

当院が人工生殖をはじめてから、もはや25年が過ぎ、治療した患者数は7,500人以上を超え、国際レベルの成功率に達しています。また当センターでは中国語・英語・日本語に対応いたします。近くの日本、香港、中国から、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、ニュージーランド、オーストラリア、インドなどの国から多くの不妊患者が、遥々飛行機に乗り、台湾に診療に来ています。

 

実績と評価

  1. 当院人工生殖センターの冷凍卵子技術は著名で、アメリカの有名な生殖医学センターにも指導を依頼されています。
  2. 当センターは世界冷凍卵子の権威であるイタリアBologna大学のPorcu教授に依頼され、当大学主催のシンポジウムで特別講演を行いました。
  3. アメリカのLiebermannとTucker教授の著作である人工生殖ガラス化保存法(Vitrification in Assisted Reproductive Technology)という本に、冷凍卵子の部分を執筆させて頂きました。
  4. 当チームはアジアで「国際的長期間卵胞刺激ホルモン見通し研究計画」を最初になしとげた医療チームであります。
  5. 胚着床前遺伝子診断で、アジア初のβサラセミア患者とHLA型の患者の間に健康な子供を授けることに成功しました。

 

人工生殖の手順

人工生殖の手順

人工生殖の手順.TXT